専門サービス

払い過ぎたお金

名刺交換する男女

過払い金とは、消費者金融などの貸金業者からお金を借りたら返済をしなければなりませんが、その際に元金以外の返済金額の内訳が利息や手数料、保証金といった返済が法律の枠を超えて支払っていたお金になります。その法律というのが利息制限法です。利息制限法で定められている法律で照らし合わせてみた結果、本来支払うべき金額以上の利息などを支払っていることになります。それを過払い金といいます。過払い金があることが分かりましたら、借主は貸主である貸金業者に対して過払い金の返還請求を求めることができます。しかし、それが急がれるのは完済してから10年経過してしまうと請求の権利がなくなってしまうのです。そのためはやめの請求が必要になります。

過払い金を取り戻すには、個人でも行うことができるのですが法律の知識も必要になったり、貸金業者と交渉して和解に至らない時には訴訟へと移行することもあります。訴訟へと移行すると裁判所への出廷が必要になります。そうなると、平日に出廷しなければならずさらに書類を準備したりと実に大変です。それを法律事務所に依頼することですべて手続きを代行してもらうことができます。法律事務所に依頼するとまず貸金業者に取引履歴開示を求め、その履歴を法定金利以下に引き直し計算し求められた金額が発生している過払い金となります。ただし、その過払い金が100%戻ってくるとは限らず、そこは裁判や貸金業者との交渉によって金額が増減してきます。