専門サービス

相続する際に利用

名刺交換する男女

生命保険は相続税の対策としてとても有効な方法です。 平成27年度から相続税に関する法律が改正されて増税となってしまいました。そのような方に生命保険を利用した相続税対策の方法をご紹介したいと思います。 生命保険を相続税の対策に利用する方法は、さまざまな相続税対策の中でも有効とされる方法ですが、その方法を正しく活用しなければ良い結果を出すことは出来ません。 法改正で基礎控除の額が引き下げられたことにより、相続税の対象者が増えることになったため、生命保険を利用した節税が注目を浴びています。 具体的に生命保険を利用する方法として、財産の評価額を下げることによる非課税枠の活用、遺産分割、相続の納税資金の拠出などがあります。 これらには細かい決まりなどがあるので専門家に相談して計画を立ててください。

遺産の相続問題は個人で考えるにはとても難しい問題なので、専門家に相談するのが一番です。 専門家といっても、税理士、弁護士、司法書士などがあるので、どの専門家に相談すればよいのか悩むところです。 まず、税理士ですが一般的に相続税の処理を依頼するときに思い浮かぶ方が多いと思われるのが税理士で税理士にしか相続税の申告は出来ません。 次に、弁護士ですが話し合いなどでの協議が上手く行かなかったときに調停や審判などの手続きを行えるのは弁護士だけの特徴です。 最後に、司法書士ですが不動産の相続登記ができるのが司法書士で、相続の中でも最も多いのが不動産関係のものです。 これらの中から相続する内容や状況により最適な専門家を選んでください。