専門サービス

事業を始める

名刺交換する男女

自営業や個人事業主として働く場合には、会社設立を行った方が良いですがあります。これらは個別具体的に決まってきますので、会社設立をしたい場合には専門家に相談すると良いでしょう。会社設立はすれば良いというものではありません。自分の事業にあった形態で働くことが重要なのです。会社設立をしない方が節税になる場合もありますし、その逆に会社設立をしなければ多大な税金を支払うことになる場合もあるのです。現在のトレンドとして、会社設立を行うための相談会が人気を呼んでいます。民間や公的な機関が実施していますので、会社設立相談会等の情報に目を向けるようにしてください。弁護士や司法書士等も相談会を実施することがあります。

会社を作る場合には法的手続きが必要となります。会社設立をする場合には、不動産登記法に基づく会社設立登記をしなければなりません。この手続きは素人ではなかなか難しいものです。もちろん、不動産登記法を勉強して、それに従って登記を行うこともできます。しかしながら、書類を作る時間等がかかってしまいます。それであれば、専門家に任せてしまう方が合理的です。それでは、どのように専門家を探せばよいのでしょうか。その場合には、会社設立に関する相談会に参加するようにしてください。相談会を実施している弁護士や司法書士などに相談すればよいのです。その相談会で良い感触を得たならば、その司法書士などに依頼をすると良いのです。